ネクタイのしみ抜きに失敗されました

ネクタイのしみ抜きに失敗されました主人のお気に入りのネクタイの結び目の部分が変色してきていたので、クリーニング店でシミ抜きをお願いしました。

水色と白のレジメンタル柄のネクタイで、さわやかな色合いがよく似合っており、二人の夏のお気に入りの一本でした。

2日後に電話があり「お店に来て下さい」と言われ尋ねると、シミ抜きの過程で色が抜けてしまったとネクタイを見せられたのです。

丁度、結び目になる部分が真っ白になっていました。海外で購入した思い出の品だったので、ショックで言葉も出ませんでした。

そこは、誠実な個人で経営しているクリーニング屋さんで「同じ物という訳にはいかないでしょうが、気に入ったネクタイの購入をぜひお願いします。こちらで出させてもらいますから」と頭を下げられました。

2万円弱したネクタイだったので、同程度の物を購入するのは気が引けましたが、1万5000円のネクタイを購入し、その値段を払ってもらいました。

700円のシミ抜きで、こんな高い弁償代を払う事になるのですから、クリーニング屋さんも大変な商売だと同情します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ